DVDのコピーについて

DVDとコピー

DVDをコピーして楽しむ

DVDのコピーってご存知ですか?

私は機械音痴で少しアナログ人間寄りなので、正直言ってまったく詳しくありません。

コピーがどのようなものなのかとても気になったので、少しでも機械を触れるようになりたくて色々調べてみました。

例えば、DVDが劣化してせっかくの大切な思い出が見られなくなってしまう前に別のDVDにコピーしてバックアップを取っておくなどのことが出来るみたいですね。

私も実際過去に経験がありますが、家族で撮った思い出の映像がある日突然再生が出来なくなり、何をしても見られなくなってしまいました。

原因はDVDの表面が傷ついてしまっていたことでしたが、その時は本当にショックで家族全員が落ち込んでしばらく無言になりました。

バックアップすることのメリットは何と言っても思い出をいつまでも大切に保管しておけることです。

他にも、お嫁に行ってしまう娘さんに子供のころ家族で旅行に行った思い出をDVDに、単身赴任で家族の為に遠くへ行ってしまう旦那さんに子供の映像をDVDに・・・

とにかくみんなと思い出が共有出来ることがDVDをコピーすることのメリットだと思います。

今は簡単にコピーが出来るソフトもあるみたいですね。便利な世の中です。

コピー?リッピング?

皆さんはDVDの「コピー」と「リッピング」の違いってご存知ですか?

私も機械ものにはとても疎いので、家族で撮った思い出のDVDが傷ついて見られなくなってしまった時、色々と調べてみましたがよく分からず・・・

なので私なりに理解したことをまとめてみました。

もし間違っている情報がありましたら、申し訳ありません。

簡単に書くとDVDを「リッピング」するという事は、既存DVDからデータを抜き取る、吸い取ること。

DVDを「コピー」するという事は、既存DVDと同じものを複製すること。

要するに「リッピング」では家族や友達との思い出の映像を、張本人の家族や友達とは共有することが出来ないんですね。

以前の記事でも書かせていただきましたが、例えばお嫁に行ってしまう娘さんに「コピー」ではなく「リッピング」をしてDVDを渡した場合、娘さんが持っていくのか親御さんが保管しておくのか、話し合いになり最悪の場合喧嘩になってしまいます(笑)

そんなことを防ぐためにも娘さんと親御さんの分2枚を「コピー」で用意ができれば皆仲良く感動的な場面になること間違いなしです(笑)

もちろん「リッピング」にもメリットはありますが、今のところ私はDVDをコピーすることの方が重宝しています。

今日はまったり

今日は1日暇だったので、家でまったりと借りてきたDVDを観ていました。

ディズニー映画不朽の名作「眠れる森の美女」です。

最近実写版の映画でアンジェリーナジョリーが「眠れる森の美女」の悪役のマレフィセントを演じたとして話題になっていますよね。

小さい頃私はマレフィセントが怖くて少しトラウマ気味だったのでCMを見るたびに実はあんなにきれいな人だったなんて・・・とすごく驚かされます(笑)

ミーハーですが、アンジェリーナジョリー最新作の「マレフィセント」を映画館に足を運んで観たいと思っていたので、そのおさらいとしてDVDを借りて観ることにしたんです。

いやー久しぶりに観るとディズニー映画も面白いですね。

昔はあのプリンセスシリーズが恋愛要素が強かったり苦手だったんですが、改めて見直してみるとやっぱり小さい女の子はお姫様に憧れてるいのかと実感させられました。

私自身が憧れはなかったのですが、年齢的にもだんだんと結婚を意識し始めている今、ほんの少しだけお姫様に憧れました(笑)

そういえば一時期映画館で冒頭に流れていた、映画をコピーして違法に販売する海賊版の注意喚起ムービー「STOP映画泥棒」の頭がビデオカメラの人、最近見なくなったような・・・?